安倍道跡

安倍道跡

b0114813_23305786.jpg

紫波町西部の山裾を南北に縦貫する古道「安倍道」の存在が伝承されている。
安倍道の呼称は古代安倍氏に由来するもので、安倍氏全盛時代から前九年合戦の滅亡頃の主要交通路と推測される。
東北自動車道の脇、石鳥谷町と紫波町との町境、紫波サービスエリアの南端に、上水道の片寄配水場付近から、林の中を東西に走る道路があり、やぶ、林の中を北に向かうと、黄金堂(こがねどう)裏、隠里寺(いんりじ)前とたどれる。
願円寺(がんえんじ)山門前の山王海幹線水路に沿うように安倍道が通っている。
松森山の東の道を通り、金田(かねだ)方面からの道路と合して、新山神社(里宮)の裏道、源勝寺(げんしょうじ)跡、弥勒地(みろくぢ)、志和稲荷前とたどることができる。

b0114813_23334918.jpg



昭和50年3月25日
記念物
史跡
志和





















[PR]
by gts007 | 2017-01-30 23:34
<< 鎌倉街道跡 志和稲荷街道跡 >>