<   2016年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

シニア感謝月間

9月
 60歳以上の方
 入湯料が500円!!

ラ・フランス温泉館

誕生日は無料!


http://www.lafrance.co.jp/

















[PR]
by gts007 | 2016-09-30 20:00

あづまねまつり

b0114813_14064626.jpg
b0114813_14065633.jpg
b0114813_07095559.jpg



































[PR]
by gts007 | 2016-09-25 23:55

フルーツの里まつり

おいしい しあわせ 【 さんちょく 】


b0114813_13492289.png
b0114813_13580661.png
b0114813_13581141.png
b0114813_13581689.png
b0114813_13501190.png


b0114813_14034443.png
b0114813_14041311.png

b0114813_14175507.png
b0114813_14181299.png
b0114813_14273354.png
b0114813_14231795.png
b0114813_14184038.png
b0114813_14184841.png



2012年

2010年

2009年

2008年

2007年

































[PR]
by gts007 | 2016-09-22 23:55

かとうじ山の音楽会

b0114813_07062183.jpg




















[PR]
by gts007 | 2016-09-22 23:55

月の輪形 中秋の名月観月会

b0114813_13173041.png
b0114813_13174405.png

〇〇〇

b0114813_14281168.jpg

b0114813_14283854.jpg
b0114813_14285847.jpg

〇〇〇

b0114813_06430605.jpg
b0114813_06432332.jpg




















[PR]
by gts007 | 2016-09-15 23:55

ワイン豚

ワイン豚
山梨県のワイナリーの近くの養豚業者が
弱った子豚にワインを与えたところ
健康になったところから
豚にワインを与える飼育方法が始まった
その後
需要に答えるために
その方法をマニュアル化し
ワイン豚生産普及組合によっても生産されている

ワイン豚は
体重が50キロになるころから6ヶ月ほどの間
飼料と一緒に朝夕2回
白ワインを与え続けて育てる
白ワインを与えているのは
肉にワインの色が出ないようにするため
一頭に与えるワインの量は
15リットル
飲ませ過ぎも良くない

また
50キロになるまでに
圧ペンした大麦を多めに与えることで
肉にサシが入る体質を作り
肉に甘みを出している

ワインを与えることによって豚が健康になり
薬を与えなくてもよくなり
料理のときにアクができにくくなる
また
豚肉特有の臭みも消えるとされている

豚の品種はLWD


ワイン豚の特徴

ワインを飲んで健康に育った豚は
特有の臭いも少なく
脂身はサラッとしていて旨みがたっぷりであまく
肉質は柔らかく
また
灰汁が出にくいので
しゃぶしゃぶには最適とされている


ワイン豚を食べる

食べ方のおすすめは
しゃぶしゃぶや塩コショウだけかけて焼く等すると良い


b0114813_09370836.gif



















[PR]
by gts007 | 2016-09-14 11:45

パッケージング

パッケージのデザインの良さで消費者を引きつけるとともに、競合に対する差別化の機会でもある。
また、消費者への情報提供のスペースも持ち、物流やディスプレーの効率化をもたらす。






















[PR]
by gts007 | 2016-09-13 16:44

バイヤー

小売店や通信販売会社の仕入れ責任者が価格や売買戦略などを取引メーカーや卸売業者と話し合う人。価格交渉人(価格だけの交渉ではない)。



























[PR]
by gts007 | 2016-09-13 16:40

6次産業

農業、水産業は、産業分類では第一次産業に分類され、農畜産物、水産物の生産を行うものとされている。
6次産業は、農畜産物、水産物の生産だけでなく、
食品加工(第二次産業)、流通、販売(第三次産業)にも農業者が主体的かつ総合的に関わることによって、
加工賃や流通マージンなどの今まで第二次・第三次産業の事業者が得ていた付加価値を、
農業者自身が得ることによって農業を活性化させようというものである。

6次産業という名称は、農業本来の第一次産業だけでなく、他の第二次・第三次産業を取り込むことから、
第一次産業の1と第二次産業の2、第三次産業の3を足し算すると「6」になることをもじった造語であったが、
現在は、第一次産業である農業が衰退しては成り立たないこと、各産業の単なる寄せ集め(足し算)ではなく、
有機的・総合的結合を図るとして掛け算であると再提唱されている。

付加価値として、農業のブランド化、消費者への直接販売、レストランの経営などが挙げられる。

第一次産業に付加価値をつけて高度化を目指すという観点では、1.5次産業化に類似しているが、
6次産業は加工、流通を複合化させるという視点がより、明確である。

各次の産業の連携による農村の活性化や、農業経営体の経営の多角化のキーワードとして提唱される。



















[PR]
by gts007 | 2016-09-13 16:30

永く愛されるワインへ

b0114813_13502571.png

紫波ワインまつり

紫波フルーツパーク

b0114813_13154910.png
b0114813_13164151.png
b0114813_13191100.png
b0114813_13194565.png
b0114813_13203075.png
b0114813_13265547.png
b0114813_13272654.png





















[PR]
by gts007 | 2016-09-13 13:51