2017年 03月 07日 ( 4 )

紫波中央駅時刻表(上り)

盛岡駅時刻表(一ノ関・北上方面)

紫波中央駅時刻表(一ノ関・北上方面)
5:41
6:11 21釜 58
7:38
8:02日※ 15北 28
9:03北 30 54北
10:26
11:27
12:10日 28
13:00北 28 59日
14:27 59北
15:21 50北
16:24 51北
17:16 48北
18:10釜 38 58釜
19:24北 48
20:12北
21:07 35北
22:28 56北
23:24北

※平日のみ運行

行き先・経由
無印:一ノ関
北:北上
日:日詰
釜:釜石

紫波中央駅時刻表(下り)

盛岡駅から約18分~23分
古館駅から約3~4分
日詰駅まで約2~3分

紫波中央駅

b0114813_11581749.jpg




















[PR]
by gts007 | 2017-03-07 14:48

紫波中央駅時刻表(下り)

紫波中央駅時刻表(盛岡方面)
6:10 35 59滝
7:12※ 21い 35※ 43 51 59
8:15※ 24 42 57
9:36
10:07 36
11:28 56
12:24 38
13:37
14:14 54
15:17 51
16:09 55
17:17 42
18:17 39
19:09 49
20:16 41
21:37
22:23

※平日のみ

行き先・経由
無印:盛岡
い:いわて沼宮内
滝:滝沢

紫波中央駅時刻表(上り)

日詰駅から約2~3分
古舘駅まで約3~4分
盛岡駅まで約20分~24分

紫波中央駅

b0114813_11581749.jpg




















[PR]
by gts007 | 2017-03-07 14:41

紫波町の現況

 紫波町の現況
 紫波町は、岩手県のほぼ中央、盛岡市と花巻市の中間に位置し、盛岡市、花巻市、矢巾町及び雫石町と接している。JR東北本線が町の中央部を南北に通っており、日詰、紫波中央、古館の三駅が設置されている。主な幹線道路では、国道4号、国道396号や国道456号がそれぞれ南北に縦走している。また東北自動車道が西部を通っていて、上平沢地区には紫波インターチェンジが設置されている。
 本町の地形は、北上河岸の沖積平野が広がり、東側は北上高地に、西側は奥羽山脈に連なる山岳丘陵地帯となっている。東西に細長い地形で、総面積は238.98平方キロメートルである。
 土地利用状況は、中央に広がる沖積平野は水田を主体とする農地として利用されており、沖積平野の東部を流れる北上川の右岸では、国道4号を軸に市街地が形成されている。沖積平野の両側は山林となっているが、東の丘陵地帯は果樹栽培等の農地として利用されている。
 土地利用規制としては、都市計画区域(非線引き)は町中央に広がる沖積平野を概ねの範囲とし、その面積は総面積の約40%である。用途地域は市街地を概ねの範囲とし、その面積は都市計画区域の約2%である。また、農業振興地域は町中央に広がる沖積平野から東の丘陵地帯を概ねの範囲とし、その面積は総面積の約66%である。
 人口は、国勢調査によると昭和45年以降平成17年までは増加していたが、平成22年から減少に転じている。これに対して世帯数は一貫して増加の傾向にある。






















[PR]
by gts007 | 2017-03-07 09:16

沖積平野

ちゅうせきへいや
沖積平野
主に河川による堆積作用によって形成される平野の一種。
海浜堆積物によって形成される海岸平野と区別される。
河川の流速が減じて運搬された土砂が氾濫原や河口、さらに沖合にかけて堆積して平野となる。






















[PR]
by gts007 | 2017-03-07 09:00