産業観光からの発掘




第2章 観光の現状と課題

第3章 観光振興に向けた施策
 基本方針1 観光資源の発掘と魅力向上


施策1 新たな観光資源の発掘、整備

1)自然環境からの発掘

2)歴史・文化遺産からの発掘

3)産業観光からの発掘
 歴史・文化以外にも、産業など個人のニーズに沿った、様々なテーマの観光が求められています。
・農業については、田植え、麦踏み、米・麦・蕎麦の収穫体験、大根などの野菜の収穫体験、こびる体験、果てやイナゴ捕りまであらゆるものを観光資源として、その活用を検討します。
・町内企業などの協力を得ながら、工場見学などの産業観光推進に努めます。
・近代産業の名残(養蚕施設、市場、映画館、馬検場、ト畜場、遊技場など)についても検証、発掘を行います。
・併せて、商店会などとの協働によるまち歩きマップの作成を検討し、商店街の交流人口を増やす一助とします。
■その他
・例えば、温泉武田家平井家住宅(平井邸)ひなまつり等の共通拝観券導入など、観光資源の相乗効果を高めるための方策について検討します。
・遊休農地を、花畑、スポーツイベントなど話題性のある観光資源として、活用を検討します。
・話題性のあった出来事跡、若年層向けに歴史ストーリーを基にしたパワースポットの選定なども検討します。
オガールエリアには視察など多くの旅行者が訪れていることから、波及効果を高めるための具体策について検討します。

施策2 紫波町の魅力向上

施策3 滞在型観光メニューの開発

施策4 四季のイベント

施策5 観光資源の保護・再生

 基本方針2 特産品の振興

 基本方針3 情報発信とニーズの把握

 基本方針4 おもてなしの気持ちの醸成と受入基盤の整備

 基本方針5 以上を推進する協働、連携の体制づくり

■関係資料(役割分担表観光資源の例


2016・3

紫波町



















[PR]
by gts007 | 2016-03-31 03:11
<< 紫波町の魅力向上 観光資源の発掘と魅力向上 >>